2015年06月24日

飯が旨い、なんで?

皆さん、コンバンワ!アグリの手下おとうさんです。

タイトルドウリです。何がって?
それはですね、今までの味覚とは違うのです!
当たり前に飯を食らい、当たり前にいっぱい引っかけておやすみなさいで1日が終わる、そうではないのです。
物も言わず、話す相手もおらず,あいずちを打ってくれるわけでもない
猫たちと、一方通行の話をし飯を食らう。
こうなると、どうなるか?
今まで考えたことのないことが起きるのです。
口に入れるものが、ありがたく旨いのです。これは決して自分の作った
野菜の自慢話しではないのです。トマトが旨い、ナスが旨い、キュウリが旨い、私の大切なアグリが飯を食えないのです、ゴールデンウィークにお母さんと、夏野菜を毎年のように当たり前に畑に植え、何もなければ、今頃当たり前のように収穫した野菜を口にして当たり前のように美味しいね、で何も思わず1日が終わり、行ってきますで1日がスタートしていたのです。

意地でもコンビニ弁当は食わん.こんな旨い野菜と思えるのも偉大な
アグリの仕業です、アグリの作戦です、お父さん今まで当たり前に
やって来ました。反省しろ!とアグリが体を貼って私に教えてくれてい
るのです。

会社のスタッフにも、今まで当たり前だとおもっていた事も、やはり
ありがとうと、声が出るのです、まさしくアグリの作戦です.言っても
聞かない酔っ払い親父に体を貼って諭しているのです。

我が家の猫たちは,とっくの昔にわかっていたとおもいます、きずいていなかったのは、このおとうさんだけだった。

体を貼って、圭佑を送り出したのも事実なのです。

重い話になりましたがお父さんは元気です。ダッテいつまでたっても
あぐりにあやつられているのですから!!!

元気玉がまだまだ足りませんヨロシクです。ありがとうございます。
ほろ酔い加減の独り言。おやすみなさい。

ニックネーム あぐり at 22:55| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする